ニュース
» 2017年06月02日 12時01分 UPDATE

新たな需要喚起:軽の販売復調 5月新車25%増 機能充実の新型で勝負 (1/2)

軽自動車の販売が復調しつつある。5月の国内軽自動車の新車販売台数は、前年同月比25.3%増の13万5064台に。

[産経新聞]
産経新聞

 軽自動車の販売が復調しつつある。全国軽自動車協会連合会が1日発表した5月の国内軽自動車の新車販売台数は、前年同月比25.3%増の13万5064台と、2カ月連続で2桁の伸びを記録した。2015年4月の軽自動車税増税後、市場の減少基調が続いてきたが、増税前の駆け込み需要の反動減が一巡したほか、デザインや安全性能、室内空間にこだわった新型車の販売が好調なのも奏功している。

photo ダイハツ工業が5月に発売した新型車「ミライース」。自動ブレーキを大半のグレードに標準装備した

 登録車と軽を合わせた国内新車販売台数は、12.4%増の37万2576台と7カ月連続で伸長した。うち軽では主要8ブランド中7ブランドで伸びた。

 燃費不正問題で昨年の同期間に軽の販売を中止していたこともあり、三菱自動車は3.9倍、三菱自から軽の供給を受ける日産自動車は4.2倍もの伸びとなった。ダイハツ工業は5月に約6年ぶりに全面改良した軽「ミラ イース」が好調で21%増、スズキも2月に売り出した軽「ワゴンR」の新型車が伸びて9.8%増だった。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集