ニュース
» 2017年06月14日 12時14分 UPDATE

裁判打ち切りの逆転劇:信号無視の反則切符拒否で逮捕 裁判所が断罪した警察の不誠実 (1/4)

信号無視について「納得がいかない」と抗議したところ、その場で現行犯逮捕された男性が、控訴審判決で空前の逆転劇ともいえる裁判打ち切りの「公訴棄却」判決を勝ち取った。

[産経新聞]
産経新聞

 「赤信号やない。黄色やった!」。交通違反で警察に反則切符を切られ、釈然としない経験をしたドライバーは少なくないはずだ。大阪府枚方市の不動産業の男性(60)も「納得がいかない」と抗議したところ、その場で現行犯逮捕されてしまう。一審では罰金刑とされたが、大阪高裁の控訴審判決で空前の逆転劇ともいえる裁判打ち切りの「公訴棄却」判決を勝ち取った。裁判所が断罪したのは“証拠隠し”ともいえる大阪府警の不誠実。異例の「信号無視事件」の経過を追った。

「カメラを見せて!」

photo

 「運転手さん、赤信号でしたよ。免許証を見せてください」

 パトカーから降りた警察官2人が男性の車に近づき、そう声をかけた。

 平成27年7月12日午後8時過ぎ、大阪府枚方市内の国道交差点。現場に至る道は数百メートル続く直線から緩やかに左に下り、スピードが出やすい。その出口の信号を、車で通過したときのことだった。

 男性は「信号は黄色だった」と思っていた。そして過去のある経験から、警察の交通取り締まりに不信感を持っていた。このため運転免許証の提示を求められても窓越しにしか見せず、「車載カメラを見せてほしい」と要求した。

 警官の再三の要請にもかかわらず、パワーウインドウを10センチだけ下げるなど男性は抵抗した。そうこうしているうちに応援要員が続々と現場に到着。気づけば男性の車は10人ほどの警官に取り囲まれていた。

 男性「車載カメラを見せてほしい」

 警官「映像はない」

 何度目かの押し問答。男性がようやく車を降りたその瞬間だった。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集