ニュース
» 2017年06月15日 12時33分 UPDATE

法廷判断は7月中旬か:米WD、東芝の半導体売却差し止め求め提訴

Western Digital(ウェスタンデジタル)が東芝との半導体合弁事業の売却の暫定差し止めを求めてカリフォルニア州地裁に提訴。

[ロイター]
photo 6月15日、米ウエスタンデジタル(WD)は、東芝との半導体合弁事業の売却の暫定差し止めを求めてカリフォルニア州地裁に提訴したと発表した。写真はWDのオフィスビル。同州で1月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[東京 15日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)は、東芝<6502.T>との半導体合弁事業の売却の暫定差し止めを求めてカリフォルニア州地裁に提訴したと発表した。関係筋によると、WD側は7月中旬に地裁の判断が示されると予想している。

提訴したのはWDのサンディスク系子会社で、仲裁裁判所の判断が出るまでの差し止めを求めている。

東芝の広報担当者は「訴状を受け取ってないのでコメントは差し控えるが、メモリ事業の売却先は6月後半までに決定し、6月28日までに正式締結する方向で進めている」としている。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集