ニュース
» 2017年06月15日 14時29分 UPDATE

IoTで早期発見:忘れ物、スマホに通知 東京メトロが実証実験

東京メトロとMAMORIOが、忘れ物の位置情報を持ち主に通知するサービスの実証実験を行うと発表。

[ITmedia]

 東京地下鉄(東京メトロ)は、忘れ物防止用IoT(モノのインターネット)製品の開発・販売を手掛けるMAMORIO(東京都千代田区)と共同で、忘れ物の位置情報を持ち主に通知するサービスの実証実験を6月19日に始める。

photo 実験で使用する忘れ物防止タグ「MAMORIO」

 飯田橋駅構内の忘れ物総合案内所と、特に忘れ物の多い渋谷駅(銀座線)、池袋駅(丸の内線)、新木場駅(有楽町線)の駅事務室に、MAMORIOが提供する専用アンテナを設置。忘れ物防止タグ「MAMORIO」の付いた忘れ物が届いた場合、持ち主のスマートフォンに位置情報を送信する仕組み。18年3月末まで実施する予定。

photo 実験の仕組み

 MAMORIOは、スマホとBluetoothで接続するIoTタグ。手元から離れると、紛失した時間と場所をスマホに通知する機能を持つ。これまで、日本航空(JAL)や東急電鉄などが、備品や落とし物の管理を目的に、同デバイスを活用した実証実験を行っている。

 東京メトロによると、忘れ物受領件数は1日当たり1835件(16年度)に上っているが、返還率は約29%にとどまっている。最新のテクノロジーを活用した試みによって、忘れ物の早期発見と返還率向上につなげる狙い。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news132.jpg
ソフトはマリカーがゼルダ抜く:
news122.jpg
「スタンディングテーブル」導入:
news118.jpg
審査手続きなしの少額キャッシング:

マーケット解説

- PR -