ニュース
» 2017年06月21日 18時05分 UPDATE

4月比で伸び率鈍化も:訪日外国人5月は21.2%増の229万人、韓国が大幅増

政府観光局(JNTO)によると、5月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比21.2%増の229万4700人だった。

[ロイター]
photo 6月21日、政府観光局(JNTO)が21日に発表した5月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比21.2%増の229万4700人だった。4月の23.9%増から伸び率は鈍化した。写真は銀座で買い物をする中国人観光客。昨年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 政府観光局(JNTO)が21日に発表した5月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比21.2%増の229万4700人だった。4月の23.9%増から伸び率は鈍化した。

昨年4月に発生した熊本地震による需要減退の反動増などで、韓国からの訪日客数は80%を超える伸びとなった。

国・地域別では、韓国が55万8900人(85.0%増)と最も多く、次いで中国が51万7100人(2.0%増)、台湾が40万7500人(8.5%増)となった。

政府観光局では「昨今の世界情勢や競合国との競争激化などを背景に、訪日旅行市場を取り巻く環境は日々変化している」とし、今後も市場動向を綿密に分析しながら訪日旅行プロモーションを進めていくとしている。

(宮崎亜巳)

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集