ニュース
» 2017年06月26日 11時21分 UPDATE

新郎新婦怒りの提訴:修羅場と化した結婚式 祝宴前日の2次会会場ドタキャン (1/4)

大阪のあるカップルの結婚式2次回が、想定もしなかった“修羅場”となった。式前日に2次会パーティーの運営会社から「会場が使えない」と、仰天のドタキャン連絡が入ったからだ。

[産経新聞]
産経新聞

 結婚式で一番盛り上がるのは2次会かもしれない。親族抜きの仲間内の気安い雰囲気。酔いも手伝って、参加者から明かされる新郎新婦のエピソードも、つい暴走しがちになったりする。幹事はそんなエンターテインメントのために、それこそ何カ月も前からプログラム作りに腐心するわけだが、大阪のあるカップルの場合、その祝祭は想定もしなかった“修羅場”となった。式前日に2次会パーティーの運営会社から「会場が使えない」と、仰天のドタキャン連絡が入ったからだ。門出の日に背負わされたあまりにも気の毒なアクシデント。夫婦はそれを乗り越えられたのか−。

photo 結婚式前日に2次会パーティー会場の運営会社側から「会場を使えない」とドタキャンされたあるカップル。招待客にキャンセルと謝罪の連絡を入れる作業に追われ、一睡もせずに式当日を迎えることに。会社側にパーティー開催費用などを求めて提訴したが…

探し回った末に…

 とんだ災難に見舞われたのは、大阪市に住むともに30代の大野卓哉さんと恵子さん=いずれも仮名。約4年間の交際を経て、晴れてゴールインした。

 2人が後に、運営会社を相手取って起こした訴訟の記録から、一部始終をたどってみる。

 2次会の結婚パーティーの日取りは「3月20日」(昨年)と決めた。挙式や披露宴は親族のみで行い、2次会に気の置けない友人らを招待することにした。

 ただ、その日は3連休のちょうど真ん中にあたり、どこも予約が満杯状態だった。1カ月以上かけて10カ所を超す会場を訪ね歩いたが、なかなか気にいったところが見つからなかった。

 挙式まで半年を切った平成27年11月、2人は大阪の中心部、中之島の川沿いにある飲食店に行き着いた。そこで対応してくれたのは婚礼会場の運営・プロデュースを手がける大阪市のA社の担当者だった。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集