ニュース
» 2017年06月28日 15時55分 UPDATE

「看過できない妨害行為」:東芝、WDに1200億円の損害賠償請求 「半導体事業売却を妨害」

東芝は、総額1200億円の損害賠償支払いなどを求めて米Western Digitalを提訴した。

[ロイター]
photo 6月28日、東芝は、東京地裁において、不正競争防止法違反などを理由に、米ウエスタンデジタル(WD)と同社の子会社に対して、不正競争行為の差し止めを求める仮処分命令の申し立てと総額1200億円の支払いなどを求める損害賠償等請求訴訟を提起したと発表した。写真は川崎で2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - 東芝<6502.T>は28日、不正競争防止法違反などを理由に、半導体メモリー事業の合弁相手である米ウエスタンデジタル(WD)と同社の子会社に対して、不正競争行為の差し止めを求める仮処分命令の申し立てと総額1200億円の支払いなどを求める損害賠償等請求訴訟を東京地裁に提起した、と発表した。

発表の中で、東芝はメモリー事業子会社である東芝メモリの売却入札手続きに対して、WDが「看過できない妨害行為」を継続的に行っている、と非難。さらに、東芝がWDの同意権を侵害して手続きを進めているなどという「虚偽の事実」を流布し、東芝およびメモリー子会社の信用をき損した、としている。

また、東芝は、WDが同事業などへの情報アクセス権を使って東芝と同子会社の機密情報を不正に取得、使用しているとして、28日付でWDのアクセスを遮断したことを明らかにした。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集