ニュース
» 2017年07月06日 11時23分 UPDATE

熾烈な客引き:赤ケバブ、青ケバブ 仁義なき“六本木ケバブ戦争”に幕? (1/4)

東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。

[産経新聞]
産経新聞

 東京・六本木のケバブ店で強引な客引き行為をしたとして、警視庁麻布署は風営法違反容疑で、トルコ国籍の20代の兄弟を逮捕した。2人はクルド系トルコ人で、いずれも「赤ケバブ」と呼ばれる別々の店舗に勤務。2店の間には、クルド系と対立するトルコ人が経営する「青ケバブ」の店があり、客の取り合いで通行人の女性に抱きつくこともあったという。周辺では110番通報が相次ぎ、同署が3店舗に警告する異例の事態に。レストランの客引き行為に同容疑が適用されるのは全国初のケースで、過熱する一方だった“ケバブ戦争”は終幕を迎えるのか。

photo 従業員が逮捕されたケバブ店。店の色から「赤ケバブ」と呼ばれていた=東京・六本木

抱きついて足止め

photo ケバブ料理の一例

 深夜も多くの酔客や外国人が行き交う、六本木駅前の路上。大通りに面した赤い看板のケバブ店。ケバブは中東を中心に食べられている肉料理で、店の外側にはメニューの写真がびっしりと貼られており、夜の街でひときわ目立っている。店内には大きな肉の塊がつるされ、そこからそぎ落とされた肉がケバブになる。そんな店の前には、ひときわ陽気でフレンドリーな客引きの兄弟がいた。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集