ニュース
» 2017年07月11日 12時05分 UPDATE

有害物質が許容水準超え:オランダ検察、排ガス不正の疑いでスズキとジープを調査

オランダ検察当局は、スズキとFCA傘下のJeep(ジープ)が排ガスを操作するソフトウエアを不正に使用した可能性があるとして、調査を行うことを明らかにした。

[ロイター]
photo 7月10日、オランダ検察当局は、スズキとフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の「ジープ」が排ガスを操作するソフトウエアを不正に使用した可能性があるとして、調査を行うことを明らかにした。写真はスズキのロゴ。ジュネーブで3月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ズーテルメール(オランダ) 10日 ロイター] - オランダ検察当局は10日、スズキ<7269.T>とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の「ジープ」が排ガスを操作するソフトウエアを不正に使用した可能性があるとして、調査を行うことを明らかにした。

調査は、オランダ陸運局(RDW)が行った路上走行試験で「ジープ・グランドチェロキー」とスズキの「ビターラ」の排ガスから検出された有害物質が許容水準を超えたことを受けたもの。同局によると、欧州の路上で走行するグランドチェロキーは約2万7000台、ビターラは4万2000台。

陸運局の検査の結果、他の14の自動車メーカーでは基準値を超える有害物質は確認されなかった。

同局はスズキのビターラは短時間の走行でも窒素酸化物(NOX)排出量が多かったと指摘。スズキは改修を申し出ており、オランダで走行している同モデル約8000台が対象となる。

ジープ・グランドチェロキーはエンジンが熱くなった状態で有害物質の排出量が増えることが判明。オランダで販売された台数は非常に少なく、生産も停止している。

スズキとジープからコメントは得られていない。

陸運局はディーゼル車のNOX排出について、台上で行う試験よりも路上走行中の排出量が基準値を大幅に上回っている可能性に着目し検査を実施。自動車メーカーは排出量の差異について、一定の状況下でエンジンを保護するため排ガスを操作するソフトが原因と説明しているが、当局はスズキとジープに関しては有害物質が許容できない水準にあると判断したもよう。

同局の責任者は、許容水準を超える有害物質について指摘したのは初めてだと説明した。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集