ニュース
» 2017年07月11日 18時41分 UPDATE

マウントゴックス:巨額ビットコイン消失事件で初公判、カルプレス被告は無罪主張

仮想通貨取引所「マウントゴックス」で巨額のビットコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた運営会社CEOの初公判が開かれた。

[ロイター]
photo 7月11日、巨額のビットコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた取引所運営会社「MT.GOX」のCEO、マルク・カルプレス被告の初公判が東京地方裁判所で開かれた。写真は東京地裁に到着したカルプレス被告(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 11日 ロイター] - 仮想通貨取引所「マウントゴックス」で巨額のビットコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた取引所運営会社「MT.GOX」(破産手続き中)のCEO(最高経営責任者)、マルク・カルプレス被告の初公判が11日、東京地方裁判所(入江猛裁判長)で開かれた。カルプレス被告は「多くの顧客に多大な迷惑をかけたことを心からお詫び申し上げる」と謝罪する一方、起訴事実は否認し、無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、MT.GOX社の利用規約は、顧客が入金した金銭の全てを顧客の名義で顧客の利益のために利用することなどを定めていると指摘。顧客の金銭を他の事業に投資することは予定されていないにもかかわらず、顧客の預かり金と分別管理されていない同社の金銭を被告が自己のために支出したのは横領にあたるなどとした。

これに対して弁護側は、顧客がMT.GOX社の口座に支払う金銭はビットコインを購入する権利の対価で、利用規約には「顧客の金銭の使途を限定し、同社が預り保管する」と読める記載は一切ないなどと反論。無罪を主張した。

MT.GOX社は14年2月、合計85万BTC(当時のレートで約480億円相当)と現金約28億円が消失したと発表して経営破たんした。カルプレス被告は15年9月に業務上横領罪などで起訴された。

(和田崇彦)

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集