ニュース
» 2017年07月13日 18時14分 UPDATE

ファーストリテ、9〜5月期は23%営業増益 通期見通しは据え置き

ファーストリテイリング の16年9月〜17年5月期の連結営業利益が前年同期比23.9%増の1806億円になった。

[ロイター]
photo 7月13日、ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。写真は都内で3月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T>は13日、2016年9月―17年5月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比23.9%増の1806億円になったと発表した。会社計画を上回っている。

国内ユニクロ事業は0.6%減益だったが、海外ユニクロ事業が61%増益と大きく伸びた。ジーユーを含むグローバルブランド事業は17%減益だった。

9―5月期の国内ユニクロ事業の既存店売上高(店舗+ダイレクト販売)は前年同期比0.9%増となった。客数は2.7%増だが、客単価が1.8%減と前年同期を下回っている。

2017年8月期の連結売上収益は前年比3.6%増の1兆8500億円、営業利益は同37.5%増の1750億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト15人の営業利益予測の平均値は1805億円となっている。

通期の国内ユニクロ事業は、直近予想を下回り、若干の減益になるとの見通し。シーズン末の在庫処分が増え、値引き率が計画を上回る。一方、海外ユニクロ事業は、直近予想を上回り、大幅な増収増益になる見通し。グローバルブランド事業は計画通りの増収増益の見通し。

(清水律子)

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

ITmedia 総力特集