ニュース
» 2017年07月21日 11時21分 UPDATE

渋滞知らずの「天空バス」:中国発「夢の技術」は詐欺だった 「道をまたぐバス」の顛末 (1/3)

渋滞をものともせず、環境への負担も少なく、経済的にも優れている──中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バス。違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。

[産経新聞]
産経新聞

 渋滞をものともせず、環境への負担も少なく、経済的にも優れている−。中国で「未来の交通システム」として開発が進んでいた新型バスをめぐり、違法な手段で出資金を募ったとして30人以上が拘束された。技術的にも疑問が呈されており、プロジェクトはこのまま頓挫するもようだ。主要国営企業の9割に粉飾決算が指摘されるなど、企業の不透明な経営がたびたび浮かぶ中国。「夢の技術」も不正と無縁ではなかったようだ。

photo 中国で開発が進んでいた道をまたぐように走るバス「TEB」(公式微信アカウントから)

渋滞知らず 良いことずくめの「天空バス」

 「未来の乗り物だ」

 昨年、新型バスの走行実験が始まった際、中国メディアはこぞって、その先行きに期待を寄せた。「国産」であることを強調する報道も相次いだ。

 新型バスは「Transit Elevated Bus」(TEB)と名付けられ、「天空バス」「立体バス」とも呼ばれた。道路の両脇にレールを設置し、道路をまたぐように通行するバスで、車道との間に約2メートルの距離があるため、道路を走行する乗用車をやすやすと乗り越えて走るとされた。

 渋滞緩和にもつながり、環境にも優しく、コストも低い乗り物として評判を集め、米誌タイムが選ぶ「世界の発明50」にも選出された。

 昨年5月に北京で開かれた科学技術産業博覧会に出展され、8月には河北省秦皇島市で走行実験がスタート。米紙ニューヨーク・タイムズも「もし将来、中国の道を走っているとき、急に鉄製の“腹”に飲み込まれても慌てないように。エイリアンによる連れ去りではありません」とTEBについて好意的に報じた。

 夢の実現は遠くない未来と思われた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集