ニュース
» 2017年07月21日 15時39分 UPDATE

輸送手段を多様化:イオン、商品の海上輸送を開始 サッポロと共同運航

イオンがサッポロと貨物船を共同運航し、商品の海上輸送を始める。

[ITmedia]

 イオンは7月21日、サッポロホールディングスと貨物船を共同運航し、商品の海上輸送を始めると発表した。物流業界の人手不足に対応し、輸送体制の多様化を図っていく。

photo 貨物船(RORO船)による共同運航の実験=ニュースリリースより

 24日から、大分港(大分県)と清水港(静岡県)を結ぶ貨物船を週2往復運航。イオンは福岡県内の「トップバリュ」生産工場から、飲料などを関東方面へ輸送し、サッポロは静岡県内の委託先工場から、清涼飲料水を佐賀県内の物流センターへ納品する。

photo 共同運航の枠組み

 トラックによる陸路と比べて大量輸送が可能になり、イオンで約15%、サッポロで約6%のコスト削減を見込むほか、トラック輸送に比べ二酸化炭素排出量を50%減らせるという。トラックドライバーの長時間運転解消にもつなげる。

 両社は2015年11月から鉄道輸送を共同運用しており、内航船を活用した海上輸送は協業の第2弾。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集