ニュース
» 2017年07月26日 12時32分 UPDATE

ロボットに注力:ソフトバンク、「ルンバ」の米iRobotに出資か

ソフトバンクグループが掃除用ロボット「ルンバ」開発元の米iRobotに出資したと、一部が報じた。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループが掃除用ロボット「ルンバ」を開発する米iRobotに出資したと米Bloombergなどが7月26日、報じた。

 報道によると、出資比率は米国で開示義務が発生する5%を下回っているという。

photo iRobot公式サイト

 出資が同社とサウジアラビアの政府系ファンドなどが参画する10兆円規模の「SoftBank Vision Fund」のいずれによるものかは、現時点では明らかになっていない。

 ソフトバンクグループの広報担当者は、出資報道の真偽について「コメントできない」と回答した。

photo iRobotが開発した人気ロボット「ルンバ」

 ソフトバンクグループは、2017年6月に4足歩行ロボット「Spotmini」などの開発元として知られる米Boston Dynamicsや、2足歩行ロボット開発を手掛ける日本の大学発ベンチャーSchaftを買収するなど、ロボティクス分野のM&Aに注力している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集