ニュース
» 2017年07月26日 17時04分 UPDATE

ダウンロードやスマホも成長:任天堂、Switch好調も 通期予想は据え置き

任天堂が2017年4〜6月期の連結決算を発表。売上高は前年同期比約2.5倍の1540億円と大幅に拡大。新型ゲーム機「Nintendo Switch」がけん引した。

[ITmedia]

 任天堂が7月26日発表した2017年4〜6月期(18年3月期第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比約2.5倍の1540億円と大幅に拡大した。3月に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch」がけん引する上、ダウンロードコンテンツやスマートフォン向けビジネスも伸びた。

 営業利益は162億円(前年同期は51億3400万円の赤字)、純利益は212億円(同245億3400万円の赤字)だった。

任天堂が2017年4〜6月期の決算を発表。Nintendo Switchが好調で業績をけん引した

 Switch本体の累計販売台数は470万台(国内112万台、米大陸195万台)。4〜6月期は全世界で197万台(国内52万台)を販売した。現在は品薄が続く人気ぶりだが、今期の販売目標1000万台は据え置き、生産体制の強化を急ぐ。

 Switchソフトは4〜6月期は814万本を販売し、累計は1360万本になった。4月に発売した「マリオカートデラックス8 デラックス」(全世界354万本)の大ヒットや、6月発売の「ARMS」(全世界118万本)などが貢献した。また、Switchと同時発売の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」も引き続き堅調に推移した。7月に「スプラトゥーン2」、10月に「スーパーマリオ オデッセイ」を投入する。

本体・ソフトともに順調

 ダウンロードコンテンツも好調で、売上高は前年同期比41%増の110億円。スマートデバイス・IP関連売り上げも「スーパーマリオ ラン」や「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が好調で、同5.4倍の90億円に成長した。

 ニンテンドー3DSは落ち込みが続く。新ハード「Newニンテンドー2DS LL」や、人気シリーズの最新作「Hey! ピクミン」「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」の販売を予定している。

 通期の業績予想は売上高7500億円、営業利益650億円、純利益450億円で据え置く。ただ、純利益は第1四半期の時点で47.2%進捗している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集