ニュース
» 2017年08月07日 12時26分 UPDATE

「旧世界」ではトヨタが競合だが:米テスラ、VWにない能力持っている=VW幹部

独Volkswagen幹部はEV大手のTeslaに事業改善のヒントを求めていると語った。

[ロイター]
photo 8月4日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の主力ブランド「VW」の最高経営責任者(CEO)のハーバート・ディエス氏(写真)は同社ウェブサイトに掲載されたインタビューで、米電気自動車(EV)大手テスラに事業改善のヒントを求めていると語った。写真はベルリンで6月撮影(2017年 ロイター/Stefanie Loos)

[フランクフルト 4日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の主力ブランド「VW」の最高経営責任者(CEO)のハーバート・ディエス氏は同社ウェブサイトに掲載されたインタビューで、米電気自動車(EV)大手テスラに事業改善のヒントを求めていると語った。

ディエス氏は社内報「インサイド」で、VWの主要な競合相手はどこかとの質問に対し「旧世界ではトヨタ、現代自動車、フランスの自動車メーカー。新世界ではテスラだ」と答えた。

同氏はVWブランドはテスラに追いつき、追い越すことを目標にしているとし、「テスラはVWにない能力を持っている」と述べた。テスラはエンジニアの約半分をソフトウエアの専門家が占めるが、VWではその割合はずっと低いと指摘。テスラには優れたモーター、急速充電網、自動運転技術やインターネット接続、新しい自動車販売経路などがあるとした。

ディエス氏は「こうした点はわが社に著しい改善が必要なことを示している。わが社の能力を活用してテスラに追いつくだけでなく、追い越すのが目標だ」と述べた。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集