ニュース
» 2017年08月30日 12時17分 公開

1000万台達成に自信:シャープのライバルはアクオス 米市場で"強敵"自社ブランドに挑む (1/3)

シャープが米国市場で自社の液晶テレビブランド「アクオス」を敵に回し戦うことを決めた。米国での同ブランドの使用権を中国企業に譲渡してしまったため、新ブランドを掲げて再参入する方針だ。

[産経新聞]
産経新聞

 シャープが米国市場で自社の液晶テレビブランド「アクオス」を敵に回し戦うことを決めた。米国での同ブランドの使用権を中国企業に譲渡してしまったため、新ブランドを掲げて再参入する方針だ。高級路線を打ち出して市場を開拓するという。かつて世界市場を席巻したアクオスを打ち負かすことはできるか。(橋本亮)

1000万台達成に自信

平成30年度末の液晶テレビ世界販売1000万台に自信を示すシャープの戴正呉社長(南雲都撮影)

 「シャープは液晶テレビをグローバルに展開する」

 野村勝明副社長は7月の記者会見で、液晶テレビ事業の拡大に意欲を示した。

 シャープは平成30年度末に液晶テレビの世界販売を28年度の約2倍となる1000万台に伸ばす野心的な目標を掲げている。野村副社長は「1000万台は絶対に達成したい。29年度は『これなら(30年度末には1000万台まで)行ける』と思える数字にする」と言い切る。

 29年4〜6月期の世界販売台数は前年同期の約1.8倍に拡大。戴正呉社長も「(1千万台達成に)自信を持っている」と話す。

 シャープは今年2月、27年に撤退した欧州市場に再参入するため、欧州でアクオスを含むシャープブランドのテレビを販売するスロバキアの家電メーカー、ユニバーサルメディアコーポレーション(UMC)の持ち株会社を買収。親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の販路を生かした販売強化に乗り出すなど、海外展開の再加速による目標達成に向けた足場固めを急いでいる。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集