ニュース
» 2017年09月04日 12時41分 公開

正答率は13%:あなたは分かる? 全国学力テストで小6が苦戦した問題 (1/2)

全国の小6と中3計約203万人が参加した全国学力テストで、国語と算数・数学では知識を問う「A問題」に比べ、知識の活用力を問う「B問題」への苦手意識が改めて浮き彫りになった。

[産経新聞]
産経新聞

 全国の小6と中3計約203万人が参加した今年4月実施の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が8月下旬に公表されたが、対象となった国語と算数・数学では知識を問う「A問題」に比べ、知識の活用力を問う「B問題」への苦手意識が改めて浮き彫りになった。算数・数学の平均正答率は5割以下と低く、小6算数Bでは13%台という“難解”な問題も。B問題は全国学力テストが始まった当初から課題が指摘されており、授業の改善が求められている。

記述式で苦戦

photo 全国学力テスト

 平成29年度の全国学力テストの結果によると、平均正答率は小6国語Aが74.9%でB問題は57.6%。小6算数Aは78.8%で算数Bは46.2%。中3では国語Aが77.8%、B問題は72.7%。数学Aは65.2%でB問題は48.7%だった。

 A問題とB問題の正答率の開きが大きいのは算数・数学で、特に小6の算数Aと同Bの開きは32.6ポイントと各科目の中で最大だ。中学より小学校の方が知識の活用力に課題があることがうかがえる。

 小6算数Bで児童たちが最も苦戦したのが記述式だ。とりわけ日常生活の事象の数学的な解釈と判断の根拠を説明させる問題は正答率が伸び悩んだ。

 月の見かけの直径が最小と最大で14%の差があることを題材に、月を硬貨に置き換え、「最少の満月の直径」を1円玉(直径20ミリ)の直径としたとき、「最大の満月の直径」は100円玉(同22.6ミリ)と500円玉(同26.5ミリ)のどちらの直径に近いかを説明させたが、正答率は13.5%。正答は100円玉。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集