ニュース
» 2017年09月04日 13時37分 公開

外観デザイン一新:SUBARU、「レガシィ アウトバック/B4」大幅改良 (1/2)

SUBARUが「レガシィ アウトバック/B4」を大幅改良。

[ITmedia]

 SUBARUは9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」を大幅改良し、10月5日に発売すると発表した。外観デザインを一新したほか、運転支援システム「アイサイト」の機能を強化した。

photo OUTBACK Limited

 スポーツタイプ多目的車(SUV)の「アウトバック」と、セダン「B4」をそれぞれ大幅改良。エクステリアはそれぞれの個性を際立たせるデザインに一新し、インテリアはセンターパネルのデザインを一新したほか、質感を向上している。乗り心地やハンドリングの改良、燃費と静粛性の向上も図った。

 アイサイトには、バック時の自動ブレーキシステムを追加したほか、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0〜約120キロに拡大した。オプションの「アイサイトセイフティプラス」では、フロント&サイドビューモニター、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用し、ステアリング連動ヘッドランプも搭載する。

 2.5リットル水平対向4気筒エンジンを搭載し、175PS/235N・mを発揮。AWDと組み合わせる。燃費(JC08モード)は14.8キロ/リットル。

 価格(税込)はアウトバックが329万4000円〜356万4000円、B4が302万4000円〜324万円。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集