ニュース
» 2017年09月04日 15時47分 公開

損害賠償1億3200万円要求:日亜化学、東芝子会社を提訴 液晶TV部品の特許侵害で

東芝の連結子会社東芝映像ソリューションが、精密化学品開発の日亜化学から提訴された。テレビ2製品で使用している部品が、特許2件を侵害しているためという。

[ITmedia]

 東芝は9月4日、テレビなどの開発を手掛ける連結子会社の東芝映像ソリューション(TVS、青森県三沢市)が、日亜化学(徳島県阿南市)から提訴されたと発表した。TVSが販売中のテレビ2製品で使用している部品が、日亜化学が保有する特許を侵害していると主張しているという。

photo 東芝映像ソリューションの公式サイト

 日亜化学はTVSに対して(1)1億3200万円の損害賠償、(2)対象製品の生産・譲渡・輸出入の差し止め、(3)対象製品の廃棄、(4)訴訟費用の負担――を求めている。

 東芝は「提起の内容を精査した上で、適切に対応する。対応方針は今後判断するが、当社の損益に与える影響は軽微」とのコメントを発表している。

photo 東芝による開示

 日亜化学は特許侵害に対して強い姿勢で臨むことで知られ、2016〜17年にかけては、台湾のLEDメーカーEverlight ElectronicsやスマートフォンメーカーHTC、照明器具製造の瀧住電機(大阪市)などに対し、白色LED関連特許を侵害されたとして提訴している。

photo 日亜化学の知的財産権に関する方針=公式サイトより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集