調査リポート
» 2017年09月11日 12時04分 公開

あの区がまさかの最下位:東京23区のうち、「社長」が最も多く住む区はどこ?

東京23区のうち、企業の社長が最も多く住んでいる区は?――東京商工リサーチ調べ。

[ITmedia]

 東京23区のうち、企業の社長が最も多く住んでいる区は「世田谷区」――東京商工リサーチの調査でこんな結果が出た。世田谷区に住む社長の数は、23区内に住む社長全体の10.9%に相当する3万8771人。世田谷区は三軒茶屋、二子玉川などの住宅地が人気を集めている。

photo 社長の住宅が多い区はどこ?(画像はイメージです)

 2番目に多かったのは「港区」で、2万5124人(7.0%)の社長が暮らしている。港区の赤坂や六本木には高級マンションが多く、ステータスの高さや交通アクセスの良さが人気だ。

 3位は「大田区」で、住んでいる社長は2万2006人(6.1%)。大田区は高級住宅地の田園調布が根強い支持を得ている。以下、練馬区(2万1124人、5.9%)、新宿区(1万9625人、5.5%)と続く。

 一方、住んでいる社長が最も少ない区は「千代田区」で、5244人(1.5%)。千代田区には丸の内や大手町などビジネスの中心エリアが含まれ、オフィスビルが数多く立ち並ぶが、生活圏とする社長は少数派のようだ。

photo 「社長が多く住む区」ランキング

 社長の住む区と経営企業の本社が同じ「職住一致」の度合いをエリア別にみると、台東区や江戸川区など「城東地区」の一致度が高かった一方、世田谷区や杉並区など「城西地区」は低い傾向に。東京商工リサーチは「歴史のある城東地区では社長が居住地に本社を構え、地域に密着した住みやすい生活を営んでいる様子がみえてくる」と分析する。

 同社は「2020年の東京五輪を控え、東京都は大きく変わることが期待されている。事業承継などで経営者の世代交代が避けられない時代を迎えているため、今後は社長の職住関係に対する意識が変わってくるかもしれない」と予測している。

 調査では、東京商工リサーチが保有するデータベースに含まれる企業約300万社の代表者データを集計、分析した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集