ニュース
» 2017年09月14日 19時29分 公開

ドラマ「トットちゃん!」のPRで活用:黒柳徹子さんそっくりのロボット登場 しぐさや声も再現

電通など4社が、タレントの黒柳徹子さんにそっくりなロボット「totto(トット)」を共同開発した。

[ITmedia]

 電通、電通テック、テレビ朝日、エーラボは9月14日、タレントの黒柳徹子さんにそっくりなロボット「totto(トット)」を共同開発したと発表した。2017年10月からテレビ朝日で放送開始する、黒柳さんの半生を振り返るドラマ「トットちゃん!」のプロモーションなどで活用していくという。開発金額は非公開。

photo 「totto(トット)」

 黒柳さん本人を3Dカメラでスキャンし、見た目を再現。工学技術を活用し、表情やしぐさ、癖なども本人に近づけた。

 テレ朝のトーク番組「徹子の部屋」の42年にわたる会話データをもとに、合成音声も作成。本人そっくりの声で「ようこそおいでくださいました」などおなじみのせりふを話すという。

photo tottoの概要

 ただし、現在はあらかじめ記憶させた内容しか発話できず、自律会話には未対応。18年の実装に向けて開発を続けるという。

 電通は「自律会話に対応した後の活用法は未定だが、このロボットを人が多く集まるイベントに連れていき、来場者を笑顔にするような活動を行いたい」(広報担当者)と話す。

 「幼稚園や老人ホームの訪問など、黒柳さんご本人が注力する社会活動を手伝っていく可能性もある」(同)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集