ニュース
» 2017年09月28日 16時03分 公開

民進は希望との合流提案:衆院解散、「自公」対「希望」の政権選択選挙の構図に

28日午後、衆議院が解散され、与野党は10月22日投開票の衆院選を事実上スタートさせた。

[ロイター]
photo 9月28日、衆議院が解散され、与野党は10月22日投開票の衆院選を事実上スタートさせた。写真は都内で自民党議員と選挙戦に向けて拳を突き上げる安倍晋三首相ら(2017年 ロイター/Toru Hanai)
photo 9月28日、大島理森衆院議長は本会議で、日本国憲法第7条に基づき衆院を解散するとの詔書を読み上げた。これにより、衆院選が事実上、本格化する。写真は27日、自身が代表を務める国政政党「希望の党」設立記者会見での小池百合子都知事(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - 28日午後、衆議院が解散され、与野党は10月22日投開票の衆院選を事実上スタートさせた。安倍晋三首相は自民党の両院議員総会で、日本をどう守り抜くかを問う選挙であると述べ、政権維持の必要性を訴えた。一方、民進党の前原誠司代表は、希望者が希望の党公認で衆院選に立候補することを認める方針を打ち出した。衆院選は、自民・公明の連立与党の継続か、小池百合子東京都知事が率いる希望の党中心の政権かを選択する構図になった。

衆院は同日正午から本会議を開き、大島理森衆院議長が衆院解散の詔書を読み上げた。

政府はその後、臨時閣議で10月10日公示、22日投開票の衆院選日程を正式に決定した。

自民党は解散後、国会内で両院議員総会を開き、衆院選での勝利を目指す方針を確認した。安倍首相は「日本をどう守りぬくかを問う選挙」と述べるとともに「北朝鮮の脅威に対し、国際社会と連携して対応する」方針をあらためて示した。

また、希望の党を念頭に「新党ブームは混乱と経済の低迷を招いた」と指摘し、「選挙のために看板をかけ替える政党には、子供たちの未来を任せられない」とし、安倍政権の安定が重要であると訴えていく姿勢を鮮明にした。

一方、民進党の前原代表は、同党の両院議員総会で希望の党との合流を提案し、政権交代を実現するために「名を捨てて実を取る決断に理解をいただきたい」と語った。

(梅川崇)

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集