ニュース
» 2017年10月02日 12時49分 公開

「業界初の前代未聞の試み」:ZOZOTOWN「送料自由」へ 0円設定も可能

スタートトゥデイがファッションECサイト「ZOZOTOWN」の送料を「自由」へと変更。0円設定も可能。

[ITmedia]

 スタートトゥデイは10月1日、運営するファッションECサイト「ZOZOTOWN」で、商品の送料を利用者が決める「送料自由」制度を導入した。「通販・EC業界初の前代未聞の試み」という。

ZOZOTOWNが「送料自由」を試験実施

 初期設定は400円だが、プルダウンメニューから100〜1500円の範囲(100円単位)で送料を設定でき、「その他」の自由入力欄を使えば0円も可能だ。

送料を利用者が設定できる

 送料自由の試みは試験的実施であり、「予告なく変更・終了する場合がある」という。

 ZOZOTOWNではこれまで、商品代金の合計が4999円(以下、税込)未満の場合、399円の配送料が別途かかっていた(合計4999円以上の場合は配送料無料)。ヘビーユーザー向けに、配送料が無料になる有料サービス「ZOZOプレミアム」「ZOZOプラチナム」を展開していたが、7月31日に終了している。

 運送業界最大手のヤマト運輸が値上げに踏み切るなど、人手不足や待遇改善が社会問題となっている。スタートトゥデイの前澤友作社長は自身のTwitterで「0円でも500円でもお客様の自由です。自由に価格を決めていただくことで、運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」とコメントしている。

 類似の取り組みとして、米国のアパレルブランド「Everlane(エヴァーレーン)」などがある。Everlaneは通常セールを行わないが、割引セールの代わりとして「原価と送料のみ」「原価と送料とEverlaneチームへの上乗せ」「原価と送料とEverlaneチームへの投資」――と3つの価格を提示し、利用者に選ばせる取り組みを行ったことがある。2015年のBuzzFeedの記事によると、既存顧客に向けたテストでは10%が中・最高価格帯を選択したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集