ニュース
» 2017年10月04日 16時09分 公開

「花火だ、花火だよ」:ラスベガス乱射、「恐怖の2時間」に何が起きたか (1/2)

ラスベガスで乱射が始まったとき、一部の人たちは殺りくが行われていることを信じようとしなかった。

[ロイター]
photo 10月2日、米ネバダ州ラスベガスで1日夜に乱射が始まったとき、一部の人たちは殺りくが行われていることを信じようとしなかった。写真は現場近くにあったカウボーイブーツ。1日撮影(2017年 ロイター/Las Vegas Sun/Steve Marcus)

[2日 ロイター] - 米ネバダ州ラスベガスで1日夜、乱射が始まったとき、一部の人たちは殺りくが行われていることを信じようとしなかった。

ラスベガス・ストリップで開催されていた野外音楽フェスティバルでは、カントリーミュージシャンのジェイソン・アルディーンがギターソロを演奏している最中だった。満員の観客は、これから恐ろしいことが起きようとしていることなど知らずに演奏を楽しんでいた。

「本物の銃声ではない」

パニックになった人々が周りで身をかがめるなか、ある男性はこう叫んだ。「花火だ、花火だよ。みんな、やめろ、やめるんだ」

午後10時7分。容疑者の死亡を警察が確認するまで、2時間近くに及ぶ恐怖の始まりだった。

警察はその後、スティーブン・パドック容疑者(64)が、少なくともライフル10丁をマンダレイ・ベイホテルの32階の部屋に持ち込み、来場者ら2万2000人に向けて発砲したことを明らかにした。少なくとも59人が死亡、527人が負傷したこの事件は、米史上最悪の銃撃事件となった。

会場に銃弾の雨が降り注ぎ、これは現実だとすぐに分かった。

「銃撃されている」

ラスベガス警察の警官は午後10時8分、無線で連絡。

「自動火器のようだ」

多くのソーシャルメディアのユーザーがこの惨状を記録していた。ロイターは、確認できたビデオや警察などの公式声明、現場にいた地元メディアの記者の証言に基づき、事件の発生状況の再現を試みた。

「テロ攻撃が自分のすぐ近くで起きていたことは間違いない。マンダレイ・ベイにいる」と、あるツイッターユーザーは事件発生当初にこう投稿した。

通りでは、タクシー運転手が発生から数分以内に警告を受けていた。メーターの青いスクリーンに警察活動を知らせる通知が現れた。

「ラスベガス大通りとトロピカーナを避けるように。マンダレイ・ベイから銃撃発生。容疑者3人の可能性」

午後10時25分。このような警告がタクシー運転手に向かって発せられた。

数分後、警察はマンダレイ・ベイホテルの建物のなかに避難するよう人々に指示。「タクシー運転手も車から降りてホテルに入れとのことだ」と、ラスベガスでタクシー運転手をしているブロガーは午後10時28分にこうツイートしている。

事件発生から30分後、警察はツイッターで銃撃犯を捜査中だと説明。一方、避難しなかった人々は救助活動に走った。

自分の車を救急車替わりにする人や、群衆整理の案内板をストレッチャーにして現場で救助にあたる人も現れた。

       1|2 次のページへ

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集