ニュース
» 2017年10月05日 11時43分 公開

ハードウェア強化:Google、新製品発表 スマホや対話型スピーカー端末など

Googleが新型スマートフォン「Pixel 2」や対話型スピーカー端末などの新製品を発表した。

[ロイター]
photo 10月4日、米アルファベット傘下のグーグルは、新型スマートフォン(多機能携帯電話)「Pixel(ピクセル)2」を発表した。サンフランシスコで撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 4日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルは4日、新型スマートフォン「Pixel(ピクセル)2」や対話型スピーカー端末などの新製品を発表した。ハードウエア強化を推進し、アップルやアマゾン・ドット・コムに対抗する構えを鮮明にした。

さらにラップトップ「ピクセルブック」、ワイヤレスイヤホン「ピクセル・バッズ」、米ウエアラブルカメラのゴープロ製カメラに類似した小型カメラも合わせて公表。自社開発の基本ソフト(OS)や音声アシスタントなどの機能が搭載されており、新製品を購入したユーザーが検索やマップなどの機能を使うことでグーグルの収益の大半を占める広告収入に貢献することになる。

スマホ「ピクセル2」の価格はベースモデルが649ドルから、高価格モデルが849ドルから。10月19日に発売する。

ラップトップ「ピクセルブック」の価格は999ドル。グーグルが開発した音声アシスタント機能「グーグル・アシスタント」を初めて搭載したラップトップで、米スナップの写真共有アプリ「スナップチャット」をサポートする。キーボードを折り畳んでタブレットとして使うことも可能。発売は10月31日。

対話型スピーカー端末「グーグル・ホーム・ミニ」は10月19日発売の予定で、米国での価格は49ドル。先行するアマゾンの「エコー・ドット」に攻勢をかける。音質を高めた「ホーム・マックス」は年内発売の予定で、価格は399ドル。

小型カメラ「クリップス」は249ドルで「近く」発売の予定だとした。

ハードウエア部門の責任者、リック・オステルロー氏は同日の発表会で、一連の新製品は「ハードウエアを徹底的に作り変えるというわれわれの戦略を完全に形にしたもの」と強調した。

調査会社グローバルデータのアビ・グリーンガート氏は「グーグルが真剣にハードウエアに取り組んでいることが極めて明確に示された」と分析。ピクセル2の存在などを踏まえると、長期的な戦略的意図があるに違いないと語った。

投資銀行コーエン・アンド・カンパニーによると、対話機能を持つ人工知能(AI)を備えたスピーカー市場で、グーグルはアマゾンの主力スピーカー「エコー」に後塵を拝している。アマゾンは前週、ディスプレー搭載モデルを含むエコーシリーズの新製品を発表、あらゆる場面での活用を目指している。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集