ニュース
» 2017年10月10日 15時50分 公開

日産問題を受け:トヨタ社長が自工会会長を代行 モーターショーに向け

自工会は、東京モーターショーに向けて、西川廣人会長(日産社長)に代わり、豊田章男副会長(トヨタ社長)が会長職を務めると発表した。

[ロイター]
photo 10月10日、日本自動車工業会(自工会)は、27日開幕する東京モーターショーに向けて、西川廣人会長(日産自動車社長)に代わり、豊田章男副会長(トヨタ自動車社長)が会長職を務めると発表した。写真は8月、東京で会見する豊田社長(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 10日 ロイター] - 日本自動車工業会(自工会)は10日、27日開幕する東京モーターショーに向けて、西川廣人会長(日産自動車<7201.T>社長)に代わり、豊田章男副会長(トヨタ自動車<7203.T>社長)が会長職を務めると発表した。

日産の国内工場で無資格の従業員が完成検査に携わった問題を受けた決定で、モーターショーを最善の体制で準備・開催するとしている。

日産は完成検査問題の発覚後、今月16日に予定していた中期経営計画の公表も、第2・四半期決算を発表する11月8日へ延期している。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集