ニュース
» 2017年10月18日 16時17分 公開

SUVに注力:三菱自、19年度に営業利益率6%以上、売上高3割増の2.5兆円目標=中計

三菱自動車の新中期経営計画で、19年度の年間販売台数は130万台、売上高は2兆5000億円と16年度比でいずれも30%以上伸ばすことを目指す。

[ロイター]
photo 10月18日、三菱自動車は、2017年度から3カ年の中期経営計画を発表した。19年度の年間販売台数は130万台、売上高は2兆5000億円と16年度比でいずれも30%以上伸ばすことを目指す。写真は三菱自動車のロゴ。5月に東京本社で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は18日、2017年度から3カ年の中期経営計画を発表した。19年度の年間販売台数は130万台、売上高は2兆5000億円と16年度比でいずれも30%以上伸ばすことを目指す。19年度の営業利益率は16年度の0.3%から6%以上への引き上げを目標とする。設備投資と研究開発費は3年間で計6000億円以上を投じる。

中計期間中にスポーツ型多目的車(SUV)や四輪駆動車(4WD車)、ピックアップトラックの品ぞろえを強化する。クロスオーバーMPV(多目的車)「エクスパンダー」やSUV「エクリプス クロス」など11の新型車を投入する予定で、東南アジアなどのASEAN地域、オセアニア、米国、中国、日本での販売拡大を狙う。

車種展開では、注力するSUVや4WD車、プラグインハイブリッド車からなる主力5車種で世界販売台数の7割を占める予定。20年以降には軽自動車で電気自動車(EV)を投入するなど主力車の電動化を進める方針。

地域別では、ASEANで19年度に31万台まで販売を増やし、市場シェア10%の獲得を図る。中国では現地生産化したSUV「アウトランダー」などの投入と販売網の倍増で存在感を示し、同年度の販売を倍以上の22万台に引き上げたい考え。米国では同年度に3割増の13万台の販売を計画。日本では軽自動車の新型車投入や販売網強化により黒字化を目指す。

同社はこれまで以上に研究開発や設備へ積極投資する一方で、生産や物流などのコストを年1.3%の低減を推進する。部材の共同購買や研究開発で日産自動車<7201.T>と仏ルノーとの連携も進め、中計期間中に1000億円以上のシナジー効果を生むとしている。

(白木真紀)

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集