ニュース
» 2017年10月19日 11時49分 公開

中価格帯の美容液や化粧品を製造:資生堂、栃木に化粧品の新工場 IoTも導入 約400億円で

資生堂が、2019年に栃木県大田原市に新たな製造工場を建設すると発表。中価格帯の美容液や化粧品の製造を担う。IoTの技術も取り入れ、品質管理を徹底する。

[ITmedia]

 資生堂は10月19日、栃木県大田原市に新たな製造工場を建設すると発表した。投資額は約300〜400億円で、中価格帯の美容液や化粧品の製造を担う。2018年度中に着工し、19年度中に稼働を開始する予定。訪日客の増加による化粧品需要の拡大に対応する狙い。

 同社が新工場を設立するのは、久喜工場(埼玉県久喜市)以来36年ぶり。

photo 新工場のイメージ図

 年間約1億2000万個の生産能力を持ち、製品を国内のドラッグストア・専門店・コンビニエンスストアなどに供給していく。IoT(モノのインターネット)の技術も取り入れ、生産ラインの異常を検知するセンサーを導入する予定。

photo 新工場の概要

 また資生堂は、20年度に設立予定の大阪新工場(大阪府茨木市)の生産能力を年間約2億1000万個に引き上げることも発表。それに伴い、投資額を当初予定していた約400億円から約550億円に拡大する。「国内外の化粧品需要拡大に対応し、さらなる成長性を確保するためには、安定的な生産体制の確立が不可欠と判断した」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集