コラム
» 2017年10月31日 05時30分 公開

マネーの達人:車の所有は本当に損?「所有して貸し出すvsカーシェア利用」どちらがお得か (1/3)

車を所有するべきかどうか。「自分の車をシェアする」サービスを使う場合とカーシェアリングを利用する場合、どちらがお得か、コスト面から検証してみます。

[平林亮子,マネーの達人]
マネーの達人

 「車を所有すべきか否か!」

 車所有論争は賃貸持ち家論争と並ぶ、2大盛り上がる論争です。

 結局は「どちらもメリットデメリットがあるから好きなほうを選べばよい」という結論に落ち着くのですが、「車は所有すべき派」にとっては大きな援護射撃となる「自分の車をシェアする」サービスが登場しました。

 今回はこの仕組みを使った上で、「車を所有すべきかどうか」を費用面から検証してみることにします。

photo 車を所有してシェアするか、カーシェアリングを利用するか……

自家用車をシェアするサービスって?

 シミュレーションする前に自家用車をシェアするサービスを簡単にご紹介しますね。

 Anyca(エニカ)は、DeNAが提供している自家用車シェアシステムです。シンプルに言うと、自家用車を人に貸したい人と借りたい人を結びつけるサービス。

 貸したい人=オーナーは、貸した日数に応じた金額を受け取ることができます。例えばトヨタのプリウスの場合、1日当たりの料金は3000円から5000円程度です。オーナーが受け取ることができる金額は、「1日料金 × 利用した日数 − 手数料10%」になります。

 ユーザーは、オーナーに支払う日額料金の他に、自動車保険代を1日当たり1800円負担することになります。ほとんどの場合、ガソリンも使った分だけ補給しなければなりません。

 Anycaの統計によると、東京23区内で月に1度以上シェアした経験のあるオーナーの平均受け取り金額は2万5000円だったそうです。

 「今日は車を使わないよ」という日が多い場合は、このシステムを使えば車のランニングコストを軽減できそうですね。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集