ニュース
» 2017年10月31日 06時30分 公開

東京モーターショー2017:KDDIがモーターショーでPRしたものは? クルマの予約や点検をスマートに (1/2)

KDDIは「東京モーターショー2017」に、「Mobility×IoT 〜クルマとつながるIoT〜」をテーマにブースを出展。カーシェアの予約システム、タブレットによる機器チェックシステムなどを紹介した。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 「東京モーターショー2017」で、KDDIは「Mobility×IoT 〜クルマとつながるIoT〜」をテーマにブースを出展。IoT(モノのインターネット)などの技術を活用した自動車の予約・点検システムなど、通信事業者ならではのサービスを紹介している。

カーシェアの予約システムを参考展示

 KDDIブースで人気を集めていたのが、参考出展した自動車の予約システムだ。スマートフォンのカメラで自動車を撮影すると、アプリ上で自動車の予約、決済、エンジン始動までの一連の手続きを行える。

photo 予約画面

 カメラで自動車を撮影すると、車種を自動で判断して「『Toyota-86』を予約しますか?」などのプッシュ通知を表示。「OK」をタップすると詳細画面に推移し、車番や最大乗員数などを確認できるほか、利用日、利用時間、決済方法などを選択できる。

photo 詳細画面

 選択した後に「決定」ボタンを押すと予約が完了。クレジットカードを選択した場合は決済も自動で行われる。次いで表示される「START」ボタンを押すと車にエンジンがかかり、自動運転によって受け渡し場所にやってくる――という流れだ。

 あくまで自動車の模型を活用した参考出展であり、実用化の時期は未定。実用化後はカーシェアリングやレンタカーを手掛ける企業への導入を見込んでいる。

「KDDIのカーシェア進出は今のところない」

 大手携帯事業者では、ソフトバンクグループが5月に中国配車サービス大手のDidi Chuxing(滴滴出行)に約5500億円を出資。10月には、カーシェアリングサービス世界最大手の米Uber Technologiesに出資することを明らかした。また、NTTドコモは11月からカーシェアリングサービス「dカーシェア」をスタートすることを発表している。

 KDDIの広報担当者にカーシェア事業参入への意向を聞いたところ、「NTTドコモの発表には驚かされた。当社がカーシェアリングサービスを始める予定は今のところない」と話していた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集