ニュース
» 2017年11月02日 12時00分 公開

CMEが先物取引開始へ:仮想通貨の時価総額21兆円に拡大、ビットコイン価格1年で約9倍に

全仮想通貨の時価総額の合計が過去最高の約1840億ドル(約21兆円)に達した。

[ロイター]
photo 11月1日、仮想通貨業界のウェブサイト「コインマーケットキャップ」によると、ビットコインなどすべての仮想通貨の時価総額の合計が、過去最高の約1840億ドル(約21兆円)に達した。写真は10月撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 1日 ロイター] - 仮想通貨業界のウェブサイト「コインマーケットキャップ」によると、すべての仮想通貨の時価総額の合計が1日、過去最高の約1840億ドル(約21兆円)に達した。代表的な仮想通貨であるビットコインが最高値を更新したことを受けた上昇。

仮想通貨の市場価値が、ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの時価総額の合計に相当する規模に拡大したことになる。

ビットコインは1日の取引で6500ドルを突破。1コイン当たりの価格と発行枚数を掛け合わせた時価総額は1100億ドルに接近し、こちらも過去最高を記録した。ビットコイン価格は過去1年で9倍近く上昇している。

米先物取引所運営大手のCMEグループがビットコインの先物取引を今年第4・四半期に始める計画を発表したことが価格の上昇につながった。

業界第2位の仮想通貨イーサ(イーサリアム)の価格はこの日の取引で302ドルと、小幅安となった。同通貨は6月に410ドルを突破し、過去最高値を付けている。

Copyright © 2017 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集