ニュース
» 2017年11月23日 06時00分 公開

膝までの汚物:猫50匹放置で“田んぼ”と化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇 (1/6)

神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。

[産経新聞]
産経新聞

 「長年苦しめられた悪臭と大量のハエから解放された」。神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。女性が残していった部屋は人間の膝の高さまで猫の糞尿(ふんにょう)が堆積。畳や家具などいたるところに汚物が染み込み、猫の死骸からは大量のハエやウジ虫がわくなど「地獄絵図」そのものだった。元々は女性が拾ってきた数匹の猫から始まった悲劇は、ペットの大量繁殖で飼い主が飼育不可能になる「多頭飼育崩壊」が背景にあった。同様の事例は全国で相次いでおり、専門家は「必ず不妊去勢手術を」と強調する。(小松大騎)

photo 強制退去処分になった40代女性の部屋のベランダに群がる猫=神戸市東灘区(同市提供)

汚物が2トントラック1台分に

 4月7日午前9時、神戸市東灘区魚崎南町の市営住宅3階の一室へ、黒い防護服に身を包んだ清掃業者の男性作業員8人が次々と入った。部屋の明け渡しを求める市の提訴を受け、神戸地裁が悪臭による迷惑行為という市の主張を認める判決を下し、業者が強制退去に踏み切った瞬間だった。

 3DK(約60平方メートル)の室内は畳や家具、柱などいたるところに猫の糞尿が染み込み、「膝まで汚物が堆積し、田んぼに入っていくようだった」(作業員)。悪臭はゴーグルをしていても刺激で目が開けられないほどで、室内には猫53匹が野放しにされていたほか、複数の死骸もあった。

 スコップで糞尿をかき出していったが、あまりの悪臭でこまめに休憩を取る必要があった。コンクリートのように固まった糞尿もあり作業は難航。糞尿まみれの家具や電化製品、畳、床板などを撤去し、最終的に取り除いた汚物は2トントラック1台分に上った。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集