ニュース
» 2017年11月24日 06時00分 公開

純愛か、異常か:パジャマ姿の交際女性遺体と5日間夜を明かした男の胸中 (1/3)

生死を超えた純愛か、それとも異常な性愛なのか。大阪府枚方市の民家で11月、なんとも奇妙な事件があった。

[産経新聞]
産経新聞

 生死を超えた純愛か、それとも異常な性愛なのか。大阪府枚方市の民家で11月、なんとも奇妙な事件があった。体調不良になった交際相手の女性に医師の診断を受けさせなかったとして、この家に住む警備員の男(48)が逮捕された。発見時、女性はすでに布団の中で冷たくなっていた。男の供述によれば、少なくとも5日間は遺体と添い寝をして、夜を明かしていたという。「どうしたらいいか、分からなかった」。物言わぬ女性の横で、男は何を考えて眠り、朝を迎えていたのか。(桑村朋)

photo 保護責任者遺棄容疑で逮捕された男の自宅。死亡後の交際女性と約5日間、夜を明かしたという=11月16日、大阪府枚方市

死亡女性の横で男がムクッと

 11月9日午前10時半、大阪府枚方市桜丘町。男の自宅を訪ねた知人は、玄関の鍵が開いているのに気がついた。

 中に入ってすぐに居間がある。大きな布団が敷かれていた。知人が呼びかけると、男だけがムクッと起き上がった。横に寝ていたパジャマ姿の女性は、ぴくりとも動かない。知人はほどなく、その女性が死亡しているのに気がついた。

 男はあわてたり、逃げようとしたりするそぶりを見せず、むしろ落ち着いていたという。知人の通報で消防、さらに警察が駆けつけた。

 男はこの日の夜、女性を体調不良のまま放置したとして保護責任者遺棄容疑で逮捕された。「4日の夜には冷たくなっていた」。男はそう供述した。

直前に母親も死亡、ショックが重なり…

 死亡したのは、15年来の交際相手という大阪市平野区の44歳の女性だった。司法解剖でも死因は分からなかったが、捜査関係者によると、何らかの持病が悪化した可能性がある。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集