ニュース
» 2017年12月11日 16時23分 公開

ボルボ初:日本カー・オブ・ザ・イヤーはボルボのSUV「XC60」 (1/2)

日本カー・オブ・ザ・イヤーはボルボのミドルサイズSUV「XC60」。

[ITmedia]

 年間を通じて最も優秀な車に贈られる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、ボルボ・カー・ジャパンの「XC60」が選ばれた。ボルボとしては初めて。輸入車が選ばれるのは2013年の「ゴルフ」(フォルクスワーゲングループジャパン)以来。

photo COTYに輝いたボルボ「XC60」=10月の東京モーターショーで

 XC60はボルボの主力となるミドルサイズSUV(スポーツタイプ多目的車)で、今年フルモデルチェンジした。

 選んだ理由として、(1)扱いやすい手頃なサイズのボディーに、現代のSUVに求められる快適性、機能性、運転の楽しさなどの要素を高い次元でバランスさせた、(2)北欧デザインと感じさせる美しい内外装とクオリティーの高さ、(3)安全装備の充実、(4)プラグインハイブリッドを含む豊富なパワートレーンを用意──を挙げている。

 2位はBMWの「5シリーズセダン/ツーリング」、3位はトヨタ自動車「カムリ」、4位はスズキ「スイフト」、5位はホンダ「N-BOX/N-BOXカスタム」。

 輸入車が受賞したことで、今回はインポートカー・オブ・ザ・イヤーは該当なしとした。

 イノベーション部門賞はトヨタ「プリウスPHV」、エモーショナル部門賞はトヨタ「レクサスLC」、スモールモビリティ部門賞はホンダ「N-BOX/N-BOXカスタム」が選ばれた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -