ニュース
» 2017年12月14日 06時00分 公開

攻撃力100倍:モンハンキャラを不正改変、チート行為の実態 (1/5)

「モンスターハンター」のチート行為(不正なプログラム改変)を代行していた会社員の男(44)が書類送検された。発覚のきっかけは「こんなこと、していいのか」との心あるゲーマーの忠告。

[産経新聞]
産経新聞

 シリーズ累計4千万本を売り上げた超人気ゲーム「モンスターハンター」の世界で、規格外の強さを見せるプレーヤーがいる。ネコのキャラクター「アイルー」を使用することから、「悪魔ネコ」の異名で恐れられていたが、その実態はチート行為(不正なプログラム改変)。大阪府警は11月、悪魔ネコの生みの親の1人である会社員の男(44)を著作権法違反容疑で書類送検した。発覚のきっかけは「こんなこと、していいのか」との心あるゲーマーの忠告。ところが忠告された当人は、「脅された」と警察に駆け込み、逆にダメ出しされて摘発されるに至った。こうした改変はプログラミングの知識がなくても容易に実行でき、ゲーム上ではこの男とは別経由で作り出された悪魔ネコもいる。ルールを無視した冒涜(ぼうとく)行為の実態は。

photo モンスターハンターシリーズのゲームソフト(下)と3DS=上新電機・ディスクピア日本橋店

「誰でも可能」

 府警によると、男のやったチート行為は、ニンテンドー3DSのソフト「モンスターハンター4G」のセーブデータの改変だった。

 同ゲームはモンスターを退治して(狩って)、キャラクターの武器を強化するのが醍醐味(だいごみ)の一つ。オンライン上で見知らぬ人と仲間になってモンスターを狩ることもできる。プレー時間が千時間を超える人がざらと言われるほど、いかにやり込み、いかに鍛錬を積むかによって、プレーヤーの強さが決まる。近道はなく、その意味ではボクサーや格闘家が愚直に練習を重ねることと変わりはない。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集