ニュース
» 2017年12月14日 16時54分 公開

コミュニティーノウハウ生かす:ミクシィ、ヘルスケア事業に参入 「健康寿命」延ばす

ミクシィがヘルスケア事業に参入。高齢化社会に対応し「健康寿命」を延ばすサービスを展開する。

[ITmedia]

 ミクシィは12月14日、ヘルスケア事業に参入すると発表した。高齢化社会に対応し、「健康寿命」を延ばす運動プログラムを提供。SNSなどで培ったノウハウを活用することで、継続しやすい環境を構築するという。

ミクシィのヘルスケア事業のサービスイメージ
「健康寿命」を延ばす新業態

 5月に設立した新会社「スマートヘルス」を通じて展開する。ユーザーの身体の状態に合わせた最適な運動プログラムを提供する一方、複数ユーザーで取り組む目標設定やユーザーコミュニティー作りなど、ミクシィが持つノウハウを生かす。

 今後、サービスを提供する実店舗をオープンするほか、ヘルスケアアプリの公開、ユーザーの健康記録を蓄積するデータベース構築などを進める。研究機関との連携も視野に入れており、来年1月には京都大学と共催でシンポジウムを開く。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集