ニュース
» 2017年12月21日 06時00分 公開

センサーづくりはレシピ重要:ソニー復活支えるイメージセンサー、スマホ依存に課題も (3/3)

[ロイター]
前のページへ 1|2|3       

<設備投資コスト拡大の懸念も>

だが、同社のイメージセンサー事業の先行きに不安がないとは言い切れない。長内教授は「今こそ、気をつけなければいけないタイミングだ」と警鐘を鳴らす。

CMOSイメージセンサーは将来的には自動運転やロボットなど「第4次産業革命」の幅広い分野での活用が見込まれているが、現在はスマホ向けが大半。そのスマホ市場は成長鈍化が鮮明だ。デュアルカメラの普及という追い風はあるものの、「消費者はいつまでスマホを買い続けるのか」(清水氏)という不安がよぎる。

さらにCMOSセンサーはアナログ技術がベースで大型の設備投資が必要ないとはいえ、顧客の要求に応えるために毎年新しい技術を投入せざるを得ない状況になりつつあることにも注意が必要だ。

清水氏は「常にローコスト体質でいられるわけではない」と指摘。「(大規模投資が必要な)メモリーとまでは言わないが、そういう要素も出てきたので、コスト改善により力を入れていかないといけない」と警戒感をにじませた。

(志田義寧 山崎牧子)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -