ニュース
» 2017年12月28日 06時00分 公開

「社内での迷惑行為」理由に:画面から突然消えたテレビ大阪の看板アナ 直前に出回った謎の文書 (1/3)

看板アナが突然、画面から消えた。テレビ大阪の庄野数馬アナウンサー(31)が、キャスターを務めるニュース番組から降板した。

[産経新聞]
産経新聞

 看板アナが突然、画面から消えた。テレビ大阪の庄野数馬アナウンサー(31)が、キャスターを務めるニュース番組「ニュースリアル」(月〜木曜、午後5時15分)を20日で降板、翌日の「金曜報道スペシャル」(金曜、午後5時15分)も降板した。同社は26日、「社内での迷惑行為により厳正処分にした」と発表したが、迷惑行為についても、処分内容も説明しないままだ。

photo テレビ大阪の庄野数馬・元アナ

謎のFAX

 突然の降板劇は新聞各社への1通のFAXがきっかけだった。20日午後4時52分、FAXが産経新聞社に届いた。あて先は「関西放送記者会加盟各社 御中」、発信元は「テレビ大阪」。

 《前略、弊社取締役・●●●●(実名)夕方ニュース番組「ニュースリアル関西」「金曜報道スペシャル」キャスター・庄野数馬の両名は、就業規則違反により処分が下されました。庄野につきましては、すべての番組を降板することとなりましたのでご報告いたします》

 連絡先の電話番号まで記載してあった。

 FAXの内容を確認するため記載の電話番号にかけると、しばらく待たされた後、「社の広報へかけてください」という返答。広報に電話すると「うちから出した文書ではない」という。各社にFAXされており、記者を含め、各社が同局に駆けつけた。

庄野アナ降板

 集まった記者に、総務局長が対応することになった。そこで配布されたのは1枚の紙。内容は、「庄野数馬アナウンサーは、メインキャスターを務める2番組(「ニュースリアル」「金曜報道スペシャル」)を20日の放送をもって降板」「就業規則違反については調査中で、プライバシーに関わる問題を含んでいる可能性があるので内容については答えられない」。役員については記載がなかった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集