調査リポート
» 2018年01月10日 19時42分 公開

「抱っこする」などの声も:子どもの「チャイルドシート」使用率 実態は……?

道路交通法では、6歳未満の子どもを乗せて自動車を運転する際はチャイルドシートの使用が義務付けられているが、実態はどうなっているのか――警察庁と日本自動車連盟(JAF)調べ。

[ITmedia]

 道路交通法では、6歳未満の子どもを乗せて自動車を運転する際はチャイルドシートの使用が義務付けられている。しかし実際は、子どもの年齢が上がるにつれてチャイルドシートの使用率が下がっている――警察庁と日本自動車連盟(JAF)の調査でこうした結果が出た。

photo 「チャイルドシート」使用率の実態は……?(画像はイメージです)

 0歳児のチャイルドシート使用率は87.1%に上ったが、1〜4歳児の使用率は65.6%、5歳児の使用率は40.9%にとどまった。

 一方、子どもの年齢が上がるとともに「車両シートにそのまま座らせる」と答える親の割合が増加しており、0歳児の1.1%、1〜4歳児の20.1%、5歳児の34.8%が大人用のシートに座っていることが判明。「チャイルドシートに座らせるが、大人用のベルトを使用する」「保護者が抱っこする」との回答も一定数存在した。

photo 年齢別のチャイルドシート使用率(ニュースリリースより)

 ただ調査では、子どもがチャイルドシートに座っている場合でも、パーツの取り付けにミスがある例が多いことが発覚。乳児用・幼児用チャイルドシートのうち59.3%で設置ミスがみられた。

 内訳は、「腰ベルト取り付け時の締め付け不足」がトップ。「座席ベルトの通し方のミス」「固定金具などの不備・誤使用」などの回答もみられた。

 さらに、全体の51.9%で使用方法の誤りもみられた。内訳は、乳児用・幼児用シートでは「ハーネス(安全ベルト)の締め付け不適正」が最多。「ハーネスの高さ調節ミス」「ハーネスのよじれ・ねじれ」も多かった。学童用シートでは「体格と合わないものを使用している」がトップだった。

 調査は2017年4月20〜30日に、全国99カ所で聞き取り・目視を実施した。使用状況は1万3016人、取り付け状況は423シート、着座状況は634人を対象に調査した。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集