ニュース
» 2018年01月19日 12時07分 公開

自宅でも公共料金を支払い:山形銀行がスマホ決済サービス 東北の地銀で初

山形銀行は4月をめどにスマートフォンを活用した決済サービスを開始する。東北エリアの地銀では初めて。

[ITmedia]

 山形銀行は4月をめどにスマートフォンを活用した決済サービスを開始する。東北エリアの地銀では初。

PayBによるコンビニ等払込票決済の流れ(画像はイメージ) PayBによるコンビニ等払込票決済の流れ(画像はイメージ)

 同サービスはビリングシステムのスマホ決済アプリ「PayB」を活用。利用者は山形銀行向けにカスタマイズされたアプリを使って税金や公共料金などの払込票のバーコードをスマホのカメラで読み込むことで、預金口座からすぐに決済できる。銀行の窓口やコンビニに行く手間が省け、時間や場所を気にせず支払えるようになる。

 ビリングシステムはこれまでに地銀20行以上と同様の取り組みを発表しており、百五銀行(三重県津市)や十六銀行(岐阜市)など5行では既にサービスが始まっている。

山形銀行のサイト 山形銀行のサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -