ニュース
» 2018年01月22日 06時00分 公開

凄惨な室内を公費で清掃:「パパのためにも住みたい」父殺害された遺族、現場の自宅に (1/3)

犯罪被害者支援の一環として、殺人など凶悪事件の現場となった自宅など住環境を元通りにするため、ハウスクリーニングを行う費用を、公費から支出する動きが全国の警察で広がっている。

[産経新聞]
産経新聞

 犯罪被害者支援の一環として、殺人など凶悪事件の現場となった自宅など住環境を元通りにするため、ハウスクリーニングを行う費用を、公費から支出する動きが全国の警察で広がっている。被害者にとっては、忌まわしい記憶を呼び起こされるのと同時に、人生の思い出が詰まった場所でもある。ただ現状の公的支援は要件が厳格で、十分に活用されるには至っておらず、まだ課題は残る。

photo 就寝中の川上幸伸さんが襲われた部屋。家族が今も暮らしている=大阪府門真市

血だらけの室内…「配慮はないのか」

 「部屋の中はすさまじいことになっていた」。殺人事件で弟を亡くした川上雅也さん(48)は事件後の室内の様子を、そう振り返った。

 平成28年10月19日未明、大阪府門真市の大工、川上幸伸さん=当時(43)=方に短刀を持った男が押し入り、2階で就寝中だった幸伸さんを計30カ所刺して殺害した。幸伸さんの子供3人も男に切りつけられて負傷した。元定時制高校生の小林裕真被告(25)が現行犯逮捕され、殺人などの罪で起訴された。一家は小林被告と面識がなく、いまだに動機は不明だ。

 大阪府警による現場検証終了後、雅也さんが室内に入ると、室内の壁や2階の廊下はまだ血だらけだった。証拠保全の意味合いもあるだろうが「被害者への配慮はないのか」と思った。

 幸伸さんの家族は一時、雅也さんの自宅へ身を寄せた。「弟の子供たちが、事件の記憶が残る自宅に今後も住み続けるのか」と気がかりだったという雅也さん。だが子供たちは「パパのためにも住みたい」と、事件現場となった自宅に戻ることを望んだ。知人らが室内を清掃し、事件から1カ月半が過ぎたころ、子供たちは自宅へ戻った。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集