ニュース
» 2018年01月24日 11時37分 公開

「TOHOシネマズ日比谷」誕生に合わせ:日比谷を“日本のブロードウェイ”に 「シャンテ」に芸術特化の書店など誕生

東宝が、「日比谷シャンテ」にエンターテインメント施設やレストランなどを新設する。日々谷を「“日本のブロードウェイ”に進化させる」という。映画スターの手形は地下通路に移設する。

[ITmedia]

 東宝は、3月下旬から「日比谷シャンテ」(千代田区)にエンターテインメント施設やレストランなどを新設する。同時期に「TOHOシネマズ日比谷」がオープンを予定しているため、映画・演劇に関する施設を充実させて同エリアを盛り上げる狙い。「(日比谷を)“日本のブロードウェイ”に進化させる」という。

photo 「日比谷シャンテ」

 日比谷シャンテの3階には、“女性のための本屋”がコンセプトの書店「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」がオープン予定。映画や演劇に関する書籍、音楽作品、映像ソフトを充実させるという。1階には、京都発の人気ベーカリーカフェ「ル・プチメック」が出店。人気のバゲットやクロワッサンなどを販売していくという。

photo 出店店舗のイメージ

 「シャンテ広場」には、ローソンHMVエンタテイメントがチケットショップ「ローチケ HIBIYA TICKET」をオープンする。近隣の劇場で行われる舞台のチケットや、多岐にわたるエンタメ分野のチケットを販売・発券する予定だ。別館1階には、世界的に人気の点心専門店「添好運 Tim Ho Wan (ティム・ホー・ワン)」が日本初出店する。

 各店舗の開業日などは、決まり次第告知するという。

photo 出店店舗のイメージ

 また、日比谷シャンテ敷地内の「合歓の広場(ねむのひろば)」に飾られていた、トム・クルーズさん、ジャッキー・チェンさん、勝新太郎さん、加山雄三さんら計77人の人気俳優の手形は、「The Star Gallery(ザ・スターギャラリー)」と命名し、東京メトロ日比谷駅と日比谷シャンテを結ぶ連絡通路に移設。2月1日から掲示する予定だ。

photo 地下通路と「The Star Gallery」のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -