ニュース
» 2018年01月26日 06時00分 公開

開業予定は2046年:「あまりに遅い」 北陸新幹線大阪延伸に財源の壁 (1/4)

政府の新年度予算案に、北陸新幹線の敦賀〜新大阪間の詳細なルートや駅の位置などを決めるための調査費が盛り込まれた。

[産経新聞]
産経新聞

 政府の平成30年度予算案に、北陸新幹線の敦賀(福井県)−新大阪間の詳細なルートや駅の位置などを決めるための調査費11億円が盛り込まれた。前年度と同額の予算が計上され、関西の交通インフラ強化に期待がかかるものの、沿線自治体や経済界からは、2046年春と想定される大阪までの全線開業の前倒しを訴える声があがっている。関西の経済界などは政府に早期の全線開業を働きかけていく考えだが、分厚い財源の壁が立ちはだかり、実現への道のりは険しい。(橋本亮)

photo

現計画はメリットなし

 「あまりにも遅い」

 予算案の閣議決定から4日後の昨年12月26日、松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長、関西財界のトップが大阪市内で集まり、成長戦略をテーマに意見交換する会合が開かれていた。その席上、経済界から北陸新幹線の全線開業前倒しを求める意見があがった。

 平成30年度予算案で計上された整備新幹線の建設費は、地方負担などを含めた事業費ベースで29年度当初予算比850億円増の3480億円。2023年春ごろ開業予定の金沢−敦賀間に910億円増の2250億円が配分される。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -