ニュース
» 2018年01月26日 06時00分 公開

#任天堂を許すな:「リズム天国パーフェクト」全盲ドラマー少年からの手紙 任天堂の“神対応”に称賛の声 (1/5)

11歳のドラマー、酒井響希君と任天堂の交流エピソードがTwitterで発信されると瞬く間に拡散され、有名になった。全盲の彼に、ゲームの楽しさを教えた任天堂を許すな−。

[産経新聞]
産経新聞

 「#任天堂を許すな」。ツイッターでこんなハッシュタグ(検索目印)を付けた書き込みが注目を集めている。文字通りの批判もあるにはあるが、むしろ「任天堂、まじヒドイ!子供が頑張って発送したからって修理代0円にしやがって」と、逆説的な表現で同社への感謝の思いをつづった内容が目立つ。ネット上で特に称賛されているのはその顧客対応だ。なかでも11歳のドラマー、酒井響希(ひびき)君と同社の交流エピソードは、ツイッターで発信されると瞬く間に拡散され、有名になった。全盲の彼に、ゲームの楽しさを教えた任天堂を許すな−。(小川原咲)

photo 自宅でドラムの演奏を披露する全盲のドラマー少年、酒井響希君。ドラムで鍛えたリズム感で「リズム天国」シリーズをパーフェクトでクリアした=大阪府東大阪市

ゲームとの出会い

< 任天堂さんへ!!

 はじめまして。僕は小学5年の酒井響希です。僕は目が見えないけど僕も皆と同じようにゲームがしたいとずっと思っていました。でも僕ができるゲームはほとんどありませんでした。その中で、僕が唯一できたゲームがリズム天国です>

 響希君がこんな手紙を書いたのは昨年5月のことだった。

 1歳のときに目にできるがん「網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)」を発症。2歳で両目を摘出した。光を失った代わりに、音の違いに楽しみを見いだした。そして3歳のときに父の健太郎さん(40)が「生涯の親友」と呼ぶドラムと出会った。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集