ニュース
» 2018年01月26日 11時10分 公開

電子書籍の海外展開も強化:楽天、EC事業でWalmartと提携 西友とネットスーパーを共同運営

楽天が、EC事業で米Walmartと提携すると発表。両社の強みを生かして国内外のユーザーへのリーチ拡大・サービス向上を図る狙い。今夏にもECサービス「楽天西友ネットスーパー」をスタートする予定。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 楽天は1月26日、EC(インターネット通販)事業において、スーパーマーケット世界最大手の米Walmartと提携すると発表した。両社の強みを生かして日本・米国のユーザーへのリーチ拡大・サービス向上を図り、競合する米Amazon.comなどに対する競争力を高める狙い。

photo 楽天の三木谷浩史社長=左、Walmartのダグ・マクミロンCEO=右

 楽天の三木谷浩史社長は「小売り市場のリーディングカンパニーであるWalmartと、膨大な顧客基盤を持つ楽天が手を組むことで、強固な販売体制を実現できた」と自信を見せる。

 Walmartのダグ・マクミロンCEO(最高経営責任者)も「EC領域で圧倒的な優位性を築く両社のノウハウを生かし、顧客の購買体験をより便利にしたい」と意気込んだ。

photo 提携の狙い

具体的な施策は?

 国内では2018年度 第3四半期(7〜9月)をめどに、Walmartの日本子会社・西友と共同で、ECサービス「楽天西友ネットスーパー」をスタートする予定。両社のノウハウを組み合わせ、(1)配送能力の拡大、(2)品ぞろえの拡充、(3)利便性の強化――などを図っていくという。

photo 「楽天西友ネットスーパー」の強み

 配送については、関東を中心に西友の実店舗からの配送網を強化するほか、18年内にECサイト専用の配送センターも設け、さらなる効率化を行う予定。

 品ぞろえに関しては、生鮮食品や日用品に加え、カット野菜、半調理食品、ミールキットなど簡便商品の品ぞろえも拡充する。

 利便性においては、人工知能(AI)やビッグデータを活用し、サイトを訪れたユーザーに最適な商品レコメンドを提供する。楽天のポイントサービス「楽天スーパーポイント」の付与と支払いにも対応する予定。

 西友の上垣内猛CEOは「楽天のスケール、テクノロジー、スピードに期待している。徹底した品質管理に自信を持つ当社と組むことで、1+1を2以上にする“掛け算効果”が生まれるだろう」と期待を語った。

電子書籍を世界に広める

 米国では年内に、WalmartのECサイト「Walmart.com」と実店舗で、電子書籍サービスを手掛ける楽天子会社Koboが展開する600万点の電子書籍、オーディオブック、電子書籍リーダー「Kobo」シリーズなどを発売予定。品ぞろえのさらなる拡充を図る。

photo KoboとWalmartの提携内容

 商品の詳細は未定だが、ECサイトで電子書籍を購入できるプリペイドカードなどを実店舗で販売する計画もあるという。

 Koboのマイケル・タンブリンCEOは「世界有数の小売業者であると同時に、優れた書籍販売業者でもあるWalmartと手を組むことで、当社の電子書籍サービスを世界に広めたい」と展望を話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集