ニュース
» 2018年01月31日 15時20分 公開

ブランドは維持:富士通、携帯事業を投資ファンドに売却 正式発表

富士通は、携帯電話端末事業を投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却すると正式発表した。

[ITmedia]

 富士通は1月31日、携帯電話端末事業を投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却すると発表した。

photo 富士通のスマートフォン「arrows NX」

 3月30日付で、携帯子会社、富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCN)の株式をポラリスに譲渡する。また富士通周辺機(兵庫県加東市)の携帯端末製造事業を、新会社「ジャパン・イーエム・ソリューションズ」(JEMS)に移管。JEMSは独立した事業体としてODM、EMSビジネスを拡大する。富士通はFCNT株式の30%、JEMS株式の19%を引き続き保有する。

 FCNTは今後も「らくらく」ブランドや「arrows」ブランドの携帯端末を提供していく。

 株式譲渡に伴い、2018年3月期の最終利益に約300億円の影響があるとしている。

photo 富士通の発表

 富士通は16年2月にFCNを設立して携帯事業を分社化。ポラリスへの売却で独立性を高め、従来のブランドや技術力を活用した事業展開が可能になるとしている。

 FCNTの17年3月期は売上高1289億円に対し、61億円の最終利益を計上していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -