ニュース
» 2018年02月02日 06時00分 公開

「小1以上は女湯へ」呼びかける銭湯も:父娘混浴に潜むリスク 男湯で多発する女児の盗撮被害 (1/4)

入浴施設で父親と混浴している女児を狙った盗撮被害が全国で相次いでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 入浴施設で父親と混浴している女児を狙った盗撮被害が全国で相次いでいる。大阪府警は昨年11月、男性脱衣所にいた女児の裸をスマートフォンで撮影したとして男を書類送検した。女児が父親と男湯に入るケースは少なくないが、高性能のカメラ機能を備えた携帯電話が普及した現在はリスクも伴う。入浴施設側も対策を講じているが、画像がインターネット上に流出すれば被害回復は困難なため、利用者側も意識を変える必要がありそうだ。(桑波田仰太)

photo 銭湯に張り出された、スマートフォンによる撮影禁止の注意書き=31日夜、大阪市住之江区

「撮ったやろ!」…父の指摘にスマホをへし折った男

 「男湯にいる幼稚園児や小学生の女児を狙った」

 児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで昨年11月6日、大阪府警に書類送検された自衛官の男(39)はそう供述した。

 昨年8月、男は大阪市浪速区の入浴施設で、父親と一緒に男湯にいた女児(11)を狙った。父親は入浴中、娘を目で追う男の視線を感じ、女児も「気持ち悪い」と父親に相談。浴槽を何度か移動しても、なぜか近くに男がいた。不気味に感じた2人は浴場を出たが、その男は脱衣場でスマホのカメラをさりげなく女児に向けていた。

 「撮ったやろ!」。父親が一喝すると、男はスマートフォンを両手でへし折り証拠隠滅を図った。だが、府警が解析した結果、スマホから約10人分の別の女児の裸や着替えの様子を撮影した動画が見つかった。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集