ニュース
» 2018年02月02日 12時26分 公開

別サービスも休止?:炎上の「Osushi」が返金処理 個人情報も削除

ウォンタが、“炎上”状態だった「Osushi」ユーザーへの返金処理と個人情報の削除が完了したと発表した。ただ、同社が運営していたQ&Aサービス「Wanta」も利用できない状況になっている。

[ITmedia]

 ベンチャー企業のウォンタは2月2日、1日昼のリリース直後から運営面の不備を指摘する声が殺到し、現在一時休止中の“投げ銭サービス”「Osushi」の顧客対応状況を発表した。2日午前10時ごろに、支払い済みユーザーへの返金処理と全ての個人情報の削除が完了したという。(関連記事

photo “炎上”したOsushiが返金処理を完了

 “投げ銭”は受け取った側への振り込みを取りやめ、支払った側に全額を返金したという。削除した個人情報は、ユーザー情報、決済に関する情報、メッセージに関する情報など。

 Osushiはブロガーなどのクリエイターに、Web上で100円単位の寄付金を送れるサービスとうたっていた。寄付を「お寿司」、無料のメッセージを「お茶」、それに対する返信を「玉子」に例えている点が注目されていた。

 だが公開後、ユーザーから「同意なしにクレジットカード情報が記録される」といったセキュリティ上の指摘や、「個人間送金ができる仕様は資金決済法に違反しているのでは」と疑問視する声が続出した。

photo “投げ銭”の対象に想定されていたユーザー

 こうした意見を踏まえ、ウォンタは公開から約7時間後にサービスを一時休止。システム改修や問い合わせ対応、運用フローの整備などを進めるとしていた。2日午前11時30分現在、休止したままだ。

Q&Aサービス「Wanta」も休止?

 また、ウォンタが2017年11月から運営しているQ&Aサービス「Wanta」のサービスサイトも2日午前の時点で閲覧できない状態になっている。

photo 「Wanta」も閲覧できない状態に(=WantaのFacebookページより)

 同サービスのロゴは、ウォンタのコーポレートサイトから削除されている。公式Twitterアカウントは残されているが、17年12月末から更新がストップしている。

 「Wanta」は一般ユーザーが専門家に無料で相談・質問ができるサービスとしていた。第三者が質疑を閲覧する際に数十円程度の料金が発生し、質問者・回答者が分け合う仕組みだった。

photo 「Wanta」のロゴが消えている(=ウォンタのコーポレートサイトより)

 回答者には、Twitterで人気の保育士「てぃ先生」、競技プログラマーの高橋直大さん、ピラティストレーナーの葉坂多壱貴さんらが名を連ねていた。

 ITmedia ビジネスオンラインは、「Osushi」の再開時期と「Wanta」の休止理由を聞くためウォンタに取材を試みたが、連絡が取れない状況だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集