ニュース
» 2018年02月06日 21時11分 公開

台紙に写真や詳細データ:相鉄、新型車両20000系の「デビュー記念入場券」発売

相模鉄道が、2月10日に「20000系デビュー記念入場券セット」を発売する。写真、図面、詳細データを掲載した台紙に、普通入場券8枚をまとめた。「20000系」は相鉄グループ創立100周年を記念した車両で、快適性・安全性が特徴。

[ITmedia]

 相模鉄道は2月10日、新型車両「20000系」が11日に営業運転を始めることを記念した入場券「20000系デビュー記念入場券セット」を発売する。同車両の写真、図面、詳細データを掲載した台紙に、D型硬券の普通入場券8枚をまとめたもの。

photo 「20000系デビュー記念入場券セット」

 入場できる駅は、横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、海老名駅、いずみ野駅、湘南台駅。価格は1200円(税込)で、2000セット限定で発売する。

 2月10日〜3月31日は相鉄線の全25駅で取り扱う。2月10日に相模大塚駅(神奈川県大和市)周辺で開催予定の記念撮影会でも販売する予定。

 4月1日以降は、相鉄グッズショップ「そうにゃん」(神奈川県海老名市)で販売する。

photo 台紙の表紙と、入場券の詳細

 「20000系」は相鉄グループ創立100周年を記念した車両。外装と内装を工夫し、従来の通勤型車両から快適性や安全性を向上させた点が特徴だ。

 相鉄の新型車両導入は10年ぶり。当初は2017年12月に運転開始予定だったが、設備の調整に時間を要したため延期していた。

photo 相鉄グループ創立100周年を記念した「20000系」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集